a spoon of life

大学生時代に3年コンビニに勤めてたけどずうずうしいのがたくさんいたなぁ。

ドカタオヤジがコンセントに勝手に携帯充電器差し込んで充電する。
やめてほしいと言うと 「お前の給料は俺が払ってやってんだぞ」と
喚き散らしてドア蹴り飛ばして退店


いきなり入ってきたおばちゃんが
「タクシー呼んで!コンサート始るから!」断ると
「何でやってくれないのよ!!!」
こっちこそ何でサービス外の事やらなきゃいけないのか聞きたくなる


どこぞの店からやってきたと思われる20前後のバイトっぽいのが
いきなり入ってくるなりレジ前に両替お断りの張り紙あるのに
「両替して」断ると「はあ?前はやってくれたぞ?テメェ新人?」と凄い喧嘩腰だったから
「脅しても両替はしませんよ」と言うとキレて喚き散らす。
警察呼んで(隣の交番に繋がる通報装置がレジにある)
怒鳴りまくってるところに警察登場。どうやらDQN居酒屋の店長の命令だそうで、
「怒鳴ったら両替してくれる」と指示してたらしい
後日そのバイトは恐喝罪で、店長は威力業務妨害で逮捕、バイトと店長クビ。
その時のバイトの捨て台詞「マジお前のせいで俺、前科持ちなるし」(泣きながら)


本をビニールに包んで立ち読みできなくしてるんだが(乱雑に読む奴が増えたため)
ヤンキー高校生がビニールを破いてあぐらかいて読み始めた。
注意すると殴られたんで警察突き出し。停学になったらしい


店内でタバコ吸う韓国人襲来。
外で吸うようジェスチャーするとその場でタバコを床に捨てて靴でグリグリ。
中指立てて退店


ゆとり世代高校生「鼻血出たんでティッシュください、大量に」
「当店は無料でティッシュを配っておりませんのでお買い求めください」
高校生「買わないとダメっすか?」これがゆとりか。


無職っぽいデブ女、平日の昼間に来店
「お箸大量にくれ。あと廃棄くれ。どうせ捨てるんだろ?あ、この牛乳明日までじゃん。
捨てるんだしもらってあげるよ。他に貰って欲しいもんあったら言ってくれや、またくる」
と言って牛乳3本抱えて退店。
現行犯逮捕、捨て台詞「コンビニは何でもしてくれるんじゃねーのかよ!?」


トイレでシャンプーするオヤジ、注意すると「コンビニだからいいだろ」出入り禁止

まだまだあるけどこのへんで。

日本には200万人が農業に従事している。このうち専業農家が14万人。
農業収入のほうが多い兼業農家が40万人である。
では残りの約160万人は何か。週末農業である。
平日は役所や会社に勤めていて、収入のほとんどが農業以外である。
彼らが問題なのである。

彼らは、会社や役所を定年で辞めると、形の上では専業農家になる。
定年が60歳だとすると、専業農家のスタートが60歳になる。
だから平均年齢が66歳という数字になってしまうのである。
しかも、週末だけ農家をやっているので後継者ができようがない。
一方、しっかりした専業農家は、平均年齢はせいぜい50代前半で、
後継者もちゃんといるのだ。

食料自給率についても数字のカラクリがある。
日本の39%とという食料自給率は、カロリーベースの数字である。
ところが、世界でカロリーベースで計算しているのは日本だけである。
世界はみな金額ベースである。
では金額ベースにすると日本の食料自給率はどうなるのか。
だいたい50%台後半で、イギリスよりも高くなる。
もっと言えば、日本の農業生産高は世界第5位。日本は農業大国なのである。

いま専業農家は、いかに輸出をするか必死になっている。
彼らはTPPにも賛成である。
ところが、160万人の週末農家がTPPに反対する。
だから、農水省は、農業は先細りだというイメージを広めて、TPPに反対する。
さらに、国からお金をふんだくろうとする。

このことは、農水官僚の数をみても明らかである。
かつて日本の農業従事者は1000万人いたことがある。
いまは約200万人で、5分の1になっている。
一方、農水官僚はこの間、2~3割しか減っていない。
つまり、危機感を煽って補助金を確保しているのは、農水省と農協の
ためなのである。

darylfranz:

本のタイトル自由に組み合わせられる積み木面白かった(*´∀`*)
multi:

Twitter / takeru_pop: なん・・だと。 …
darylfranz:

ホワイトデーのお返しはこのお菓子を贈ると高確率でハートを射止めることができます。
expo7000:

ただーし!起きたらいない!

expo7000:

ただーし!起きたらいない!

dashedlines:

(via Cherry Runway)


Reblogged via Stumblr

dashedlines:

(via Cherry Runway)

Reblogged via Stumblr
Reblogged via Stumblr

Reblogged via Stumblr